国道12号線の歴史

12号線の原型

国道12号線は元々上川道路という道路だったそうです。この上川道路の原型は美唄市の隣町の月形町の樺戸集治監の囚人によって1886年に90日間で作られました。その距離は87.9kmとのことで、幅約2メートルの道路とはいえ、その苦労は相当なものだったと考えられます。

直線道路になった理由

上川道路の工事の際に「なるべく直線道路にするように」という内容の復命書があったことで、現在の直線道路の原型ができあがったようです。

北海道の土地というのは歴史が浅いので、まず道路が先にできて、その周囲に町ができたということが考えられます。元々建物や街並みがある所ではそれを避けて道が作られますので、直線道路は北海道ならではということになりますね。

たくさんの犠牲の上に

上川道路着工の翌年には改修工事も行われ、1889年に道路は完成したそうです。正確な動員人数や犠牲者数は記録にないようですが、1969年にこの時の囚人の犠牲者を慰霊する「上川道路開鑿記念碑」が砂川に建てられました。

上川道路から12号線になるまで

上川道路が国道12号線となるまでの経緯ですが、1907年当時は東京から各地に伸びる道等を国道と定めていたようで、12号線は「東京より第七師団に達する路線」である国道43号の一部分という位置づけでした。
1920年の改正で国道27号となり、1952年に一級国道12号、さらに1965年に一級、二級というものがなくなり、一般国道12号となりました。

かなりややこしい話なので、簡単に国道12号線の歴史を紹介しましたが、大部分をWikipediaより引用させていただきました。

HOME>>直線道路日本一の詳細

サイトMENU

Copyright (C) 北海道美唄市から始まる日本一長い直線道路 All Rights Reserved.